他県に住んでいて逝ってしまった夫の妹の七回忌が近づく

妹の生前、彼女の家族は遠距離にも関わらず、年に数回実家である我が家に宿泊を兼ねた里帰りをしていました。 勿論、おじいちゃんやおばあちゃんに元気な所を見せたい気持ちと自然の美しさを味わいながらキャンプや釣りなどアウトドアの趣味を私たちを巻き込んで皆で楽しんでしました。 ところがすい臓がんが判ると半年後に逝ってしまい楽しさを突然断ち切られたことで、私の子供たちにしても喪失感は大変大きなものでした。夫の妹が病床にいる半年、丁度行政のサービスで高速料金が一律1000円となっていた時期で、そのおかげで私たち家族は毎週見舞いに出かけました。 大震災の時だったからあれから6年経ち、縁も遠くなって行くのかなと寂しさを感じていましたが、妹のご主人から皆で来てくださいと七回忌に招かれ、あの頃の繋がりの深さを思い出しました。仏様に対しては兄妹姉妹、甥姪がみんな揃って供養することができることは、生前の妹の人柄でしょうか。 ミュゼ 料金

他県に住んでいて逝ってしまった夫の妹の七回忌が近づく