「早起きは三文の徳」とは本当のことだと実感しました

昔から、言われている諺の一つに「早起きは三文の徳」という言葉があります。

朝早く起きることでラッキーなことがおこるという意味でもあるのですが、最近、早起きすることで得られるメリットを実感しています。

まず、家族よりも早く起きてすることといえば「瞑想」です。

目を閉じて静かな空間で「無」の状態を作り出していきます。

数分間行うと気持ちがすっきりとして、前日までのストレスもなくなります。

続いて、夕飯の準備を朝食作りと一緒に進めていきます。

そうすることで、夕方の忙しい時期にバタバタとしなくて済むからです。

家族を学校や仕事の送り出した後は、家事を済ませて一人でウォーキングをします。

朝の早い時間は、人通りも少ないので気分もよく、季節を感じることもできます。

全てのことは単純なことかもしれませんが、朝早く起きるということで一日の時間が長く感じることができるので、なんだか得した気分になれるのが「早起きは三文の徳」の魅力といえるでしょう。キレイモ 店舗

「早起きは三文の徳」とは本当のことだと実感しました